外車の魅力とは?

外車の魅力

 

誰もが「いつかは乗ってみたい」と思う憧れの外車!

 

外車の魅力

 

超高級外車と言われるロールス、ベントレー、ジャガー、キャデラック、ポルシェ、フェラーリ、マセラティ…
とまでは言わないまでも、比較的庶民向けにラインアップされたシリーズがある
メルセデス、BMW、アウディ、VW、シトロエン、プジョー、アルファロメオ、クライスラー…は、
夢ではないかも知れませんね。

 

 

車というものは、ドライバーの価値観や社会的地位が映し出されているようなもの。だからこそ、「いつかは…」という憧れになるのではないでしょうか。

 

 

外車は、個性的なデザインと高い性能の車が多く、何と言っても質感と重厚感が魅力です。

 

ドイツ車にはドイツの…イタリア車にはイタリアの…その国々の文化や思想、車の設計、走行性に違いがあり、その車の持ち味があるものです。

 

 

例えばアメリカ車では、広大な土地をゆったりと長距離走行するために作られたような車で、デザイン性を重視するお洒落なイタリア車、速度制限無制限のアウトバーンを快適に走行できるような高速性能と安全性が高いドイツ車、紳士の国と言われるお国柄、伝統を重んじたクラシカルなイギリス車、世界で一番古い歴史を持ったフランス車は、合理性と耐久性に優れたスタイリッシュな小型車が中心です。

 

つまり、外車に乗るってことは、その国の文化に日常的に触れるってことなんですよね。

 

 

 

日本に居ながらにして異文化の車に乗れる喜びは、何物にも代えがたい満足感なのではないでしょうか。

 

時には、外車に乗っているだけで、他の車が道を開けてくれているかのように思えるのも、ちょっとした優越感でもあります。

 

それに、外車はモデルチェンジのサイクルが長いので、愛車をずっと乗り続けていられるというのも魅力ですね。

 

街中で見かける低年式の外車であっても、古臭さを感じるどころかクラシカルな雰囲気に包まれているような感じに見えます。そこが、国産車との大きな違いかも知れません。

 

 

外車と言えども、今は昔ほどの高嶺の花ではないと思います。

 

各メーカーからも大衆車が多く販売されていますし、ディーラーが用意している低金利ローンもあってか、若い世代の子でも容易に手が届く時代なのではないでしょうか。

 

たとえ手が届く車種であっても注意しておかなければならにことは、やはり国産車よりも維持費がかかるということです。

 

メンテの面でも、快適なカーライフをサポートしてもらえるような信頼できるお店での購入をおすすめします。